避妊薬を飲み忘れた場合の対処法

避妊薬を飲み忘れた女性

避妊薬は1日に1錠ずつ同じ時刻に飲むことで、体内のホルモン濃度を一定にして妊娠を回避します。飲み忘れて服用の間隔が空くと避妊効果が低下するので注意してください。
前回服用してから36時間以内の場合には避妊効果には影響しませんので、気づいた時点で飲み忘れた分を飲み、いつも通りの時間に今日の分を飲みます。服用してから36時間を超えて48時間になった場合、これは前日分のピルの飲み忘れに気づいたケースです。この場合も前日分をまとめて飲みますが、避妊効果が低下している可能性がありますので、避妊目的で服用している場合には1週間は他の避妊手段と併用します。

服用間隔が48時間を超えた場合は目的によって対処法が異なります。避妊目的の場合には避妊効果が確実ではなくなるため、一旦服用を中止して生理が来るのを待ちます。生理が来たら、初日から新しいシートを飲み始めます。服用を中止してから生理が来るまでは他の避妊手段をとります。
避妊以外が目的なら、気づいた時点で2錠飲み、次はいつも通りに飲みます。避妊薬には21錠タイプと28錠タイプがあり、28錠タイプには薬の成分が含まれていないプラセボ錠が入っています。プラセボ錠を飲み忘れた場合特に問題ありませんので間違えないように飲み忘れ分は廃棄し、次の錠剤からいつも通りに飲みます。
避妊薬には高い避妊効果がありますが、飲み忘れるとこの効果を得られません。洗面所や枕元に置いたり携帯のアラームをセットするなどして、飲み忘れを防ぐ工夫をしましょう。また3相性のピルの場合は、飲む順番を間違わないように注意してください。シートに数字が記載されていますので正しく服用しましょう。

使い慣れたピルを安く入手する方法

インターネット通販を利用する女性

低用量ピルは婦人科で購入することができますが、初回は診察代がかかりますし1か月分の1シートで3000円程度かかるのが一般的です。飲み続ける場合年間で30000円以上かかりますし、その他にも健康診断や血液検査などを受ける必要もありますのでコストがかさみます。
日本で認可が下りている低用量ピルは数種類ありますが、そのほとんどは海外でも同じ成分のものが流通していますので個人輸入でお得に購入することができます
特に古くから処方されている製品の場合はリーズナブルな傾向にあり、1シート1000円前後で購入可能なショップもあります。認可がおりて日本で処方され始めてそれほど期間がたっていないものは、海外でも多少割高ですがそれでも半額程度で購入することが可能です。

低用量ピルの個人輸入はインターネット通販で行われており、業者によって価格設定やサービスは異なります。ほとんどの業者で日本で人気の低用量ピルを扱っていますので、口コミ評価の高い業者を選ぶことで安心して購入することができます。
低用量ピルは1シートから購入することができますし、送料は無料の業者もありますが多く買えばそれだけ1シート当たりの価格が安くなる業者が多いですのでまとめ買いがお得です。
個人輸入代行業者のサイトでは会員になることで会員割引が行なわれたり、メルマガ登録をするとお得な情報をメールで受け取ることができます。低用量ピルは大手通販サイトでは取り扱いがなく、独自のWEBサイトからの購入となります。
購入のシステムはその業者によって異なりますが、リピーター割引やポイントが貯まり割引が適用になるショップは特に人気です。

偽者のピルを買わない為には

偽物の医薬品

ピルだけではないのですが、世界的には偽者の薬というのが出回っています。薬というものはその原材料にかかる原価に比べると、相当に高い価格で取引されています。これは決して暴利であるわけでも何でもなく、製薬会社はその薬の開発に莫大な費用がかかっているのですから、ある意味で当然のことです。そして一旦発売された後は一定の期間は特許で保護され、他のメーカーはその薬を勝手には作れないようになっているのです。

しかし、どんな世界でも法律などどこ吹く風という輩はいるものです。法律など完全無視を決め込んで、アンダーグラウンドの世界で特許で守られているはずの薬を作り、闇のルートで売りさばくわけです。開発費用などかからず既存品をコピーするだけですから、原価と売値の差額はほぼ丸々儲けになります。

実は既存品をしっかりコピーした偽者医薬品ならまだ良いほうです。ひどい偽者になると、コピーしたのは包装や錠剤の形とか色だけで、肝心の医薬品の中身、有効成分に関してはうまくコピーではないというようなふざけたものも決して珍しくないのです。

それで見分け方ということですが、これは決して簡単ではありません。確かにほとんどの偽者はいくら精巧にコピーされているとは言っても、本物と並べてよくよく見てみれば違いが目に付くことが多いです。包装のロゴ印刷がぼやけていたり、色使いが多少違っていたり、錠剤を見てもマークや数字の印刷が本物とは明らかに違っていることもあります。
しかし本物と並べてみない限りはなかなか分からないことがほとんどで、しかも一般の人が錠剤はともかくとして包装まで本物を手に入れることは難しいでしょうから実際には厳しいです。ということで信用のおけるお店で買うことが一番の安心な策と言えるでしょう。