トリキュラーとその成分

トリキュラー

コンドームの破れや中出しされてしまった場合など予期せぬ性行為時のトラブルに用いられるのが緊急避妊薬です。緊急避妊薬として病院でも処方されているお薬として有名なのがトリキュラーです。
トリキュラーは第2世代の3相性の低用量ピルに分類されており正しく服用することで100%に近い避妊効果が得られるとして避妊薬の地位を確立しております。トリキュラーの成分にはレボノルゲストレル(levonorgestrel)やエチニルエストラジオール(Ethinyl estradiol)が含まれており、自然なホルモン分泌パターンに似せたお薬です。また高い避妊効果があるにも関わらず副作用が少ないという点からも副作用に悩まされていた方にも人気がある避妊薬です。
具体的には避妊に対して有効な黄体ホルモン量を限界まで下げており、他の避妊薬と比べ副作用がでにくいというわけです。

主な副作用として挙げられているのが吐き気、頭痛、嘔吐、発疹、不正出血などです。またトリキュラーに限らず、どの避妊薬でも同じことが言えますが血栓症が発症するリスクがありますので、服用後に突然の息切れや激しい頭痛、胸痛、手足のしびれを感じた場合には必ず専門の医師に診察してもらうようにしましょう。
その他の注意事項としてトリキュラーを服用後、吐き気などの症状によりお薬を吐き戻してしまった場合には2時間以内でしたら翌日分を服用してください。また、トリキュラーと併用するお薬がある場合には服用量の調整や服用の有無が異なり強い副作用を発症するリスクが高まりますので、自己判断を行わず服用前に必ず専門の医師に併用する薬がある旨を伝え、専門医師の指導に従うようにしましょう。