ピル服用の際の免疫力低下や時間経過との関係

ピルは毎日同じ時間に服用

望まない妊娠を避けるためにピルを普段から愛用している女性も多いかと思います。一般的に多くの女性が服用しているとされたのが低用量ピルです。
その作用は低用量ピルに含まれる女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳内に働きかけることで効果を発揮します。低用量ピルを飲むことで排卵を抑えて受精卵の着床を起こりにくくした上で精子が子宮内に入り込まないように作用することで妊娠をしにくい状態に整えます。

またこのようなピルは用法や用量を守り医師の指示通り正しく服用することが大切です。基本的には月経が終わったタイミングで毎日同じ時間に服用することが原則とされています。
ですが万が一飲み忘れてしまった場合でも24時間以内であれば気づいた時点で1錠飲めば大丈夫ですが、飲み忘れから24時間が経過した場合においては避妊効果が確実で無くなるために、一度中断して次の月経開始まで待つという対応が必要となります。

万が一の飲み忘れを防ぐために多くの女性は携帯のアラームをかけるなど工夫をすると良いでしょう。一方でピルを服用するにあたっては副作用についてもしっかりと知っておくことが大事です。一般的に多いとされる副作用として頭痛やけん怠感・吐き気などがあるとされています。中には乳房の張りや不正出血が稀に起こる女性もいるようです。
そしてピルには女性ホルモンに深く働きかけることから、体内の免疫作用に影響を与えてしまうこともありえるとされています。その結果個人差はありますがごく一部の女性は免疫力が低下したと感じる方もいるようです。望まない妊娠を予防することも確かに大切なことですがピルを使おうと思ったら、正しい知識を持った上で自分の身体と相談して服用を行うことが最も大事なことだと言えます。