ピル錠剤で避妊対策、事後的な対処が可能な緊急避妊薬

ピル錠剤を服用する女性

一般的に避妊方法といえばコンドームが有名ですが、実際には多種多様な手段が存在します。確実性の高い避妊効果を得て、絶対に妊娠を避けたい女性には避妊手術という方法があります。
医療機関でのみ受けられる方法であり外科的な手段になりますが、一度受ければ別の避妊対策をする必要がなくなるため、絶対に妊娠を避けたい女性陣には適しています。

一方で女性個人で気軽に進められる避妊方法があり、セックス前に膣内にゼリーや女性用の避妊具を挿入して精子の着床を防ぐといったやり方も効果的です。ただコンドームよりも確実性が低く、利用にコツが要る等残念ですが実用性はそう高くありません。

外科的手術は大げさ過ぎるし、かといって避妊具などの確実性が怪しい、そうなって来ますと、やはり定番の避妊薬による対策が最適という答えにたどり着きます。ピルの錠剤を一年中、毎日飲み続ける事でコンドーム以上の避妊効果が得られます。
毎日欠かす事なく錠剤を携帯しなければいけない、飲み忘れてはいけない等の注意事項があるものの女性個人でほとんど完全に近い避妊ができ、なおかつ生理期の体調不良改善の効果も得られますので真面目に常用する意義は大いにあります。

また一般的なピルは事前の避妊対策ですが、緊急避妊薬と呼ばれるピルを使えば事後にも対策が打てます。現実問題として多くのカップルはコンドームのみの避妊対策をしています。
コンドームは丈夫な製品ですが、極稀にセックス中、本体が破けてしまう事があります。先端部が破けたままセックスを継続し、最終的に男性が射精してしまえば精子が膣内に入り込み、妊娠の確率が上がります。

そういった危険な事態が後から発覚した際も、緊急避妊薬であれば事後的な対策が講じられ、24時間から72時間以内に特別な錠剤を飲めば完全に近い確率で精子の着床が避けられます。