低用量ピルの対象年齢と副作用のむくみ

低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが適切な量で配合されています。服用することで卵巣の働きを一時的にストップさせ、排卵を抑制することができます。また、子宮内膜が厚くならないようにする働きがあるので、着床がしづらくなり、避妊薬として効果を発揮します。その他にも、月経量や月経痛などの月経に関する症状を軽減したり、PMSの症状を和らげるなどの働きもあります。
またホルモンバランスを整えるため、更年期障害の治療やニキビや多毛の治療の一環としても処方されます。さらに子宮内膜症や卵巣嚢腫・卵巣がんの予防などの作用もあります。

このように低用量ピルは、女性にとって有益となる様々な働きを持っているため、幅広い年齢層の女性が服用しています。低用量ピルは、基本的には月経のある女性なら年齢を問わず服用することができます。
ただし血栓症や肝障害のリスクがある人、心臓や腎臓の疾患が疑われる人など、服用に注意が必要なケースもあるので注意しなければいけません。低用量ピルは個人輸入で購入することも可能ですが、初めて服用する人は必ず医師から処方してもらうようにしましょう。

むくみが気になる女性

低用量ピルを服用する際、あらかじめ知っておかなければいけないことは副作用のリスクです。代表的な症状に、吐き気・頭痛・不正出血・むくみ・疲労感などがあります。むくみは体重増加につながるため、低用量ピルを飲むと太りやすくなるという女性は少なくありません。これらの症状は体がピルに慣れていないために起こるため、飲み続けるうちに症状は和らぐので、それほど心配する必要はありません。しかしながら、あまりにも長く症状が続いたり、症状がひどい場合は、医師に相談するようにしましょう。