避妊薬の毒性と献血の可否

医師に相談する女性

避妊薬は高い避妊効果を期待することができるので、妊娠を望まない人にとっては非常に心強いものとなります。しかし、薬であるため毒性もあり人体に無害というわけではありません。
避妊薬は避妊の目的だけでなく、更年期障害であったり月経困難症の治療にも使われているぐらいであるため、安全性は保証されていますが、全くの無害というわけではなく少なからず影響があるものとなっています。それによって、体に異変が起きるかどうかというのは人それぞれ異なるものとなっていますので、実際に使ってみて調子が悪くなったりした場合には医師に相談をするなどしましょう。

そのため、避妊薬を服用していると献血などで制限がかかることがあるのですが、少量のピルの場合には献血を断られるということはなく問題ありません。例外としては緊急避妊薬の場合には、献血を受けることができないので注意をしておきましょう。緊急避妊薬は文字通り避妊に失敗をしてしまった時などの緊急用途であるため、避妊効果が強い分だけ毒性も高いものとなっているので、献血の可否にも影響が出るものとなっているのです。

避妊薬は安全性を認められているものではありますが、決して体にとっていいものというわけではなく特別理由もないにもかかわらず乱用をするようなものではありません。しかし、使い方を守って正しく服用すれば妊娠の可能性を限りなくゼロに近づけることができるものであるため、便利な薬でもあります。避妊薬はリスクもあるものとなっていますが、それだけの効果もあるものとなっていますからよく考えて服用をすると良いでしょう。
そして体調に不安を感じた時には、すぐに医療機関で診察などを受けると安全に使用をすることができます。