避妊薬を飲んでいるなら生挿入をしてもいいの?

性感染症の検査

避妊薬は妊娠を防ぐ効果がありますが、一方で妊娠以外を防ぐことは出来ないため、生挿入には注意が必要です。これは、性感染症などの病気は防げないことを意味します。男性が感染しても症状が出ず、女性だけ症状が出てしまう病気や、逆に女性に症状は出ず、男性だけ症状が出てしまう病気もある事に注意が必要です。自覚症状がないまま生挿入をして感染を広げてしまうケースが多いのです。
性感染症などの検査をしたことがないのであれば、避妊薬を飲んだとしても生挿入を避けるのが得策です。検査を受けて、安全性を確認してからの方がより安心できる状態と言えます。例え心当たりがない状態であっても、どういった毛色で感染するかわからない病気があると言う事に気を付けておく必要があります。
また、衛生環境自体でかかってしまう病気もあります。避妊具には妊娠を防ぐだけでなく、病気を防ぐ意味合いもあり、安全な性生活を行うのに必要なものなのです。

また、避妊薬があったとしても使うタイミングなどにも注意が必要です。避妊薬には様々な種類があり、使うタイミングも異なっています。タイミングを間違ってしまうと妊娠の恐れがあるだけでなく、万が一子供が出来てしまった際に胎児に悪影響を与える可能性も出てきます。
生挿入は基本的にリスクがあるものであることを知っておくことが大切で、適切にリスクを管理することが男女双方の幸福につながります。安心して出来る状態である事の確認や安心できる相手のみ生挿入を許すのはとても大切な事なのです。
知識がなく軽い気持ちで生挿入をし、自覚がないまま過ごす人の割合は非常に高いため、自衛の意味でも知識を身に着けておくことが重要なのです。